スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ツーリング⑤ラスト

もういい加減おわらせましょ。北海道ツーレポ

8日目

548.jpg

朝7時半、ライダーハウスpitを出発

前日、前々日の微妙な天気が一転し最高の天気

一日丸っと走れるのはこの日がラスト

一路旭川方面を目指す

559_20120904080716.jpg

587.jpg

蝶?蛾?

ほぼノンストップで今回行きたいとこランキング3位の三国峠へ

635.jpg


636.jpg

おお、森の上を道路が走っておる!

649.jpg

ばっつり開けて遠くの山々まで見通せる

650.jpg

頂上にはカフェが

652.jpg

この旅何個目だろうソフトクリーム

うまい

654.jpg

滋賀のBMW乗りさんと旅談義

今日はもはや暑いくらい

659.jpg

峠を下っていく

697.jpg

銀河の滝

観光客多し、即離脱

705.jpg

初期のドラゴンボールの雰囲気

ここからは一気に石狩方面を抜け、旭川へ

旭川といえば

735.jpg

食わんとね

744.jpg

旭川に入ると一気に平地になった

ここから南下をはじめ、美瑛・富良野方面へ

758.jpg

759.jpg

花畑にしては厳つい名前

767.jpg

目的地はここ

771.jpg

ケンとメリーの木

ケンとメリーのスカイラインのCMで使われた巨大なポプラの木




790.jpg

ジャパンとケンメリが

792.jpg

798.jpg

このメリーのコレジャナイ感、パツキン美女どこいったん・・・

そして少し離れたとこにセブンスターの木

787.jpg

昔セブンスターのパッケになった木だそうだが、詳しくは知らん

ただなんにもないとこにポツンとあるもんで絵になるな

808.jpg

ジェットコースター道

今回何箇所か真っ直ぐな道はあったけど、ここがいちばん印象に残ったな

アップダウンのある直線がザ・北海道

美瑛周辺はなかなかにスポットぞろい



美瑛を堪能したので、ここからさらに南下

富良野では有名な某ドラマの記念館があるそうだが一つも見たことないのでスルー

しばらく南下して、次は夕張へ

825.jpg

もう日も陰ってきております夕張

826.jpg

827.jpg

くま、かわいくねぇな・・・

829.jpg

味は想像通りでしたわ

そして進路は西へ

836.jpg

日が沈む前に札幌に入りたかったが、もう無理そうだ

841_20120919213840.jpg

なのでセイコマで出会ったちょっとやんちゃなマークⅡ乗りのお兄さんとしばし談笑

842.jpg

渋いわコレ

マーク兄さんと別れ、札幌までラストスパート

札幌近づいてくると車も多くなり、なかなか距離が稼げん

848.jpg

札幌に到着した時には完全に日も暮れた

852.jpg

結局なんやかんやで12時間以上走ったな

854.jpg

疲れた体に癒しのビア

855.jpg

初のスープカレーを体験

素揚げの野菜にとろとろの鶏肉、うむ!うまし!

で札幌・すすきのをぶらつく

865.jpg

866.jpg

867.jpg

どうもこの日はすすきの祭りらしい

もう佳境でしたがね

1週間も世捨て人とかしていたワタクシにはこの人ごみは辛い

さっさとネカフェに入って眠る

いやホント走ったわ

本日の走行距離 510km

下道で500km超えるとはね



9日目 最終日

この日の晩のフェリーに乗るため、今日は軽めの日程で、昼まで札幌でぶらぶら

877.jpg

うちわ貰ったけど22度だよ?

ちょっと肌寒いくらいだよ?

流石だわ

882.jpg

札幌駅

昼飯どうするかと調べたら、小樽に有名な鶏肉料理の店があるのを見つけ札幌を後にする

札幌小樽間はあっと言う間

885.jpg

結構混んでて、15分くらい待って店内へ

883.jpg

ハイ登場

884.jpg

イエス ドンピシャ エキゾチックジャパン

鶏半身まるごと唐揚げに、これひとつで手羽、手羽元、胸肉、もも肉すべて味わえる

唐揚げの王

存分に喰らい尽くした



飯後、ここ数日は内陸を走っていたので海沿いを走りたくなった

899.jpg

海沿いを走り、西へ

926.jpg

たどり着いたのは女人禁制の地

男たちの挽歌、兵どもの夢の跡

そう神威岬・・・だ

IMG_1646.jpg


929.jpg

924.jpg

これがあの積丹ブルーってやつか

これで晴天ならさらにいい景色だったろうに

982.jpg

海沿いを堪能したので、再び小樽へ

小樽で今は北海道に住んでる連れと数年ぶりに再会

フェリーの見送りに来てくれた

994のコピー

北海道でも頑張っとるね

ほんのちょっとの時間でしたが、フェリーの時間まで昔話に花咲かせた


って女3人男1人のシェアハウスってなんだ!ハーレムかコルアァァァ!!!とloveるか!

996.jpg

最後に一枚撮ってもらっとく



さあ残す道程はフェリーのみ!

1000_20120919221339.jpg

乗り込み!

1002.jpg

出航!さらば北海道

また戻ってくるぜぇえ!!!



本日の走行距離 255km

総走行距離 2630km


おまけ

002_20120920205736.jpg


10日間走り続けたR80

ものすげぇ汚れた・・・ここまで汚れたのは九州ツーリング以来か

あとワタクシの超イージーミスで・・・

004_20120920205736.jpg

リアフェンダー割れちゃった・・・


これを機にアルミフェンダーに変えようかな

南無・・・




スポンサーサイト

北海道ツーリング④

北海道ツーリングも後半戦


1~2日目
3~4日目
5日目

6日目

423_20120813212025.jpg

この日は前日からの雨がより強まり、朝から強烈な雨

前日同じライハに泊まってたハーレーとゴールドウイング2台はカッパ来て出発

ワタクシはこの日はもう移動日に消費すると決めていたので、朝方はこのライハに10数匹いる猫たちと戯れる
普段人見知りな猫まで手懐ける俺の右手にオーナーも舌を巻いていた

そんなこんなで雨足が弱まってきたので、出発の準備をしているとオーナー夫妻がポストカードをくれた

IMG_1560.jpg

野付半島、ちなみにライハは野付半島の付け根に位置してる

オーナー奥さんいわく、「もうこんな写真は撮れないんですよ~」とのこと
ああ、環境破壊でこんな綺麗な景色も見れないんですね・・・

「あ、そうじゃなくて航空写真撮ろうとヘリ出るとロシアからスクランブル来るんです」

まじか・・・

北方領土を身近に感じたわ



で出発

とりあえず弱まったとは言え、今にも本降りになりそうな空なのでカッパ着ながら走り、まずは納沙布岬を目指す

1082.jpg

濃霧・・・

納沙布岬へ近づくにつれ・・・・

さらに濃くなり

428.jpg

もうなんか幻想的に


431.jpg

FFⅦみたい

437.jpg

四島のかけはしと祈りの火

447_20120813212204.jpg

北方領土は見えない

449.jpg

R1100乗りのライダーさんに撮ってもらった

昨日とはうって変わり寒いくらいだわ


そして根室に来たら撮りたかった写真

451-2.jpg

一人根室奪還作戦

(YO-HEYさん以外に元ネタがわかる人がいるのか・・・)


images.jpg


さ、目標も達成したし、また濃霧の道を引き返す

1090.jpg

根室駅

あまりにもシールドに水滴がこびり着くので、駅近くのオートバックスでガラコ買う
弾く!これで勝つる!(でもすぐ効果が落ちて二度と使うことはなかったが)



そしてここからは一路釧路を目指す

1131.jpg

国道4号線は呆れるほどの直線

全然曲がらんから眠くなるわ・・・今日は景色も灰色で変わらんし


結局当初の予定通りどこにも寄らず、文字通り一直線で釧路へ

濃霧でペースも遅かったので到着したころには日が沈みかけてた



そして連日の長距離走行を癒すべく、本日はビジホへ

474.jpg

楽天ポイント使って格安でチェックイン

ホテルのテレビでウルトラマンだけ見ていざ夜の釧路へ

454_20120813212328.jpg

情緒溢れる釧路の繁華街

461_20120813212417.jpg

昭和の香り

そして晩飯

472_20120813212556.jpg

釧路ラーメン 河むら

457.jpg

あっさり系で出汁が効いてるスープ
ちょうどいい太さの縮れ麺


うまい!

460.jpg

どっちかって言うとこってり系が好きなワタクシですが、これはなかなかどうしてラーメンランク上位にくるうまさ

でもあっさりでは終われないのがデヴの性

で、もう一軒

463.jpg

ザンギ専門店 鳥善

ザンギというと北海道の鳥の唐揚げのことで、播磨のからあげクンことワタクシUKにはこれは外せない

で、店に入りメニューを眺めていると、となりのアロハ着てビール飲んでるおっちゃんが
「兄ちゃん初めてか?おっちゃんがメニュー決めたる」つってあれこれ頼んでくれた

待ってる間、いろいろ話をしてるとこのおっちゃんどうやらこの店の大将らしい(調理は2代目の息子さん)
普通の客のおっちゃんかと思ったわ

そしてついに

464_20120813212450.jpg

うっは!うまそう!

ザンギの変わってるとこが、甘めのソースダレを付けて喰らうとこ

これがまた激ウマ

こっちは下味付きのから揚げ

467_20120813212506.jpg

これも絶品、ビールが進む進む


これ食ってると入ってきたお客がライダーさんで一緒に飲んだ
関東からW650で来てるNさんで北海道は2度目だそう

バイクの話、ツーリングの話、仕事の話といろいろ話したな~

あとNさんとバイクの話をしてたら、さらに別のお客さんが十勝型事故なるものを教えてくれた
このあたりは見通しの良い交差点でも、車通りも少ないし何もないので距離感が掴めず接触事故が多いとのこと

まさにこの話を翌日思い出すことになる

ちなみに、ザンギをめっちゃ綺麗に骨だけ残して食べ終えたら大将から合格を頂きました
そしてお土産までもらってもうた

478_20120813212644.jpg

そんなこんなで釧路グルメを満喫し、ほろ酔い気分でホテルに帰る

でもなんか足りんな~と思っていると




やばい、カバンがねぇ・・・





あぁ、鳥善だわ・・・





何故かカメラだけ肩にかけて帰ってきてた
取りに行かなきゃな~と支度してると、フロントから電話

「外線が入っております」

はて、外線?と思いつつ出てみると、鳥善の大将が

「カバン忘れとるで!ホテルに持ってたるわ!」


なんと!申し訳ない!でも何故このホテルと名前が?と聞くと

たまたまワタクシが帰ったあとNさんのホテルと名前を大将が聞いてて、Nさんのホテルに電話して
ワタクシの泊まってるホテルと名前を聞いて電話してくれたそうな

そしてホテルまで届けてくれた・・・ほんっとに申し訳ない・・・
Nさん、大将さんどうもありがとうございました!もうこりゃまた必ず鳥善へ行かなきゃいかんな!

本日の走行距離388km

7日目

487.jpg

おはよう釧路

ビジホで癒されたワタクシ
旅も後半に差し掛かり、このあたりで一旦土産を物色する

485_20120821001637.jpg

ホテルマンから聞いた市場
海鮮やら野菜やら物色してると勝手丼発見

480_20120821001602.jpg

誘惑に勝てず・・・

483_20120821001619.jpg

絶品勝手丼をたっぷりサービスしてもらって頂く

鯨肉ってうまいのな

土産と腹を満たしたら出発

491.jpg

釧路から北上し、釧路湿原を臨む

まあいまいちどこが湿原なのか理解できないまま通過

492_20120821001726.jpg


そして快走路を疾走中、先の側道から一台のセダンが

ふと昨日の飯屋で聞いた十勝型事故を思い出し、一応減速すると

案の定ノンストップで突っ込んでくるセダン、まじかよ

ドライバーは交差点突っ込んできてからこちらに気づいたようで苦笑いで会釈された


いやこっちが減速せなんだら結構やばかったよ?


昨日十勝型事故の話、聞いてて良かったよ


497_20120821001742.jpg

気を取り直して、安全運転でさらにひた走る

で第一の目的地到着

498.jpg

ここで鹿肉を喰らう

以前鳥取で鹿肉カレーで苦渋を味わったので、北の地でリベンジ

499.jpg

鹿肉ステーキ

ここは処理がうまいらしく鹿肉の臭みは全くなし

500_20120821004757.jpg

あっさりした赤身の肉でうまし、これで鹿肉リベンジは達成だわ


そしてさらに北上

502.jpg

なんかアイヌっぽい施設があったので寄ってみる

506.jpg

505.jpg

チ、チカ・・え?チカプ・・・え?

511.jpg

プー

アイヌ語はようわからんとです

特に何をするでなく一服して走り出したらカーブ出口でいきなり車が止まっている
そしてその先を見ると・・・

512.jpg

な~~~~

516.jpg

子ぎつねが二匹戯れているぅ

きゃんわぅいいいい~~~~

癒されたわ


しかしなぁ、この日は案の定


めっちゃ寒い

522.jpg

この日ももう早めに宿を探すことにする

0円マップで探すと、帯広にライハがあったのでそこを目指し、今度は南下

日が傾いてくるとなおのこと寒い・・・
いやこれシャレにならんぞ

手持ちのサーマルとパーカー全部着込んで走る

だから誰だよ、本州の5月レベルだっつったの・・・

542_20120821005314.jpg

寒さに耐えつつ、なんとか到着

ライダーハウスPIT

544_20120821005332.jpg

ここはライダースカフェにライハが併設されてて、このライハ部分が以前
学生の下宿だったらしく、個室でランドリー、炊事場、シャワー完備の文句なしの宿だった

547_20120821005420.jpg

ここで出会ったライダーさん

546_20120821005403.jpg

バンディット1200のKさんと話ししてると、ライハのオーナーさんが
近くにうまいジンギスカンがあるのでどうかと誘ってくれたので、断る理由もなく
二つ返事でご一緒させてもらうことに

でライハから徒歩3分

536_20120904080427.jpg

有楽町

531_20120904080340.jpg

おおお!ジンギスカン鍋初体験!

533_20120904080355.jpg

ホルモンも絶品とのこと

535_20120904080411.jpg

うどんも投入!

これがめちゃくちゃうまかった
このラム肉も全然臭みなくてなんぼでも食べれたな~

やっぱ地元民のオススメは外れなし、ツアー旅行ではこれは味わえまへん

たらふく肉をくらったあとはライハに戻り、遅れて到着したロードグライドのIさん
も含め、ライハで酒盛り

545.jpg

みんなおもしろい人生歩んどるね~
はじめて会ったはずなのに、真面目な話からゲスい下ネタトークまで
酒とバイクがあるだけでこんだけ打ち解けられるのがいいね

こうして寒さにやられた7日目も最高な感じで終わりました

走行距離 215km

北海道ツーリング③

北海道ツーリングつづき

1~2日目
3~4日目


今回の旅のメインと言っても良い道東編

238_20120813210816.jpg

この日は圧倒的な晴天

252_20120813210842.jpg

北見はそこそこ栄えてましたがさすが北海道
10分走っただけでこんな道

北見から一路猫好きさんオススメの美幌峠へ

262_20120813210857.jpg

快走ワインディングロード美幌国道・パイロット国道を走り

到着

266_20120813210912.jpg

おおお!

270.jpg

屈斜路湖に浮かぶ中島とうっすら掛かる霧

一気に広がる景色に感動

279_20120813210943.jpg

展望台でまったりしてたら霧が晴れてきた

288_20120813211000.jpg

屈斜路湖をぐるっと

291_20120813211019.jpg

広大なジャガイモ畑

296_20120813211108.jpg

0円マップの表紙風

屈斜路湖と摩周湖の間走っていると、何やら硫黄の臭いが・・・

308_20120813211140.jpg

火山?温泉?

ここが間近で見れる駐車場は有料だったんでスルー

そして摩周湖をぐるっと周り
秘境のダートへ・・・

319.jpg

砂利道走ること5分

KUNIちゃんおすすめの神の子池へ

335_20120813211238.jpg

これはまじで凄い
なんという透明度、青さ
かなりのファンタジー

340_20120813211254.jpg

すっげ冷たい

344_20120813211312.jpg

ここで出会ったR1200GS
これならダートも楽しめるわな~いいなあ
こんなん見たらビッグオフローダー欲しくなる
デュアルパーパスこそ北海道のオンもオフも楽しめる最強バイクかもしれんね

R1200GSさんここからの行き先を聞くとずっと同じ目的地っぽい

では次の目的地で!と颯爽とさっきの砂利ダートを駆けていく

ワタクシは恐る恐る戻る
AT125なら余裕なのにな~

ここで車載カメラで動画撮影してみたけどタダでさえ酷い振動のうえ、砂利道の振動も相まって
見てるだけで三半規管を破壊する死の動画となったのでこれは封印する

無事転倒もなく舗装路へ出れたときは思わず拳掲げたわ

愛すべき舗装路を快調にかっ飛ばし、裏摩周湖へ

346_20120813211350.jpg

R1200GSさんと新旧Rで

348_20120813211405.jpg

展望台から摩周湖


眺めはいいけど展望台の目の前の木々がウザイな


それよりもどこが霧やねん

あとから聞いた話だと霧のない摩周湖を見ると、婚期が遅れるそう
それほど珍しいことなのだそうな

摩周湖ってば、厄介な呪いをお持ちで


生涯独身貴族となるステータス異常喰らった身で臨む、道東のメインディッシュへ

その道中の北19号

357_20120813211423.jpg

なんという

なんという

地の果てまで続く直線

そして

開陽台

371_20120813211440.jpg

おおおおおおお!

地平線だ!そしてこの晴天!ほんとうに地球が丸く見える!ほんのちょっとだけ!

やはり先に到着してたR1200GSさんは林道入って、途中牧場の真ん中を抜けるようなルートで来てた
そして二人してパシャパシャ写真撮る

ワタクシ自身の写真も一枚

381_20120814232216.jpg

そして喰らう

激ウマのソフトクリームと

378_20120813211535.jpg

オランダせんべい

380.jpg

なんかこれ根室名物らしくて
売店のレジのおばちゃんにゴリ押しされた

おばちゃん熱く語るのはいいが、そのおっちゃんのレジ打ったってくれ

なんかふにゃふにゃしてスゲー耐せん断力で全然噛み切れない
なんだか不思議なせんべいでした

駐車場でR1200GSさんと談笑してると、なんと初日に一緒だったCB400SFのOさんが

389.jpg

どうやら昨日は一日初日のメンバーで回っていたそう

で三人で北海道談義をしてるとイカスS2000が

386.jpg

釧路の車屋さんで、お孫さんとドライブだそうで

いいなあ孫とオープンカーで開陽台なんて

まあワタクシ先ほどの摩周湖の呪いで結婚は望めませんので、
孫とのドライブは叶いませんがね・・・

70年代のバイクや車事情の話を聞けて楽しかったです

388.jpg

開陽台を思いっきり堪能したら、R1200GSさんとOさんとお別れ

機会があればまたどこかで!良い旅を!


で二人と別れたあとは一路知床方面へ

391.jpg

快速R244をぐるっと回っていると・・・

400_20120813211745.jpg

不穏な雲行き・・・あっち知床じゃねーか

だが引かぬ、媚びぬ、省みぬの精神で知床へ向かう

そして知床、オシンコシンの滝

403.jpg

観光客ばっかで速攻後にする

406_20120813211820.jpg

ゴジラ岩

意外と再現性高い


そして・・・

409.jpg

羅臼岳!

なんとも雄大なことよ
曇り空も逆に厳かの演出入ってて大変よろしい

で、羅臼岳山頂付近の駐車場で出会ったライダーさん達としゃべっていると、

ついにポツポツ降り出した

んじゃ雨足強くなる前に行きますかと走り出したとたん、いきなり本降り

急いで今回の旅初のカッパ出して、着終わる頃には雨あがってた
だが空は未だ今にも振りそうな感じ



ぼっきり心を折られたワタクシは冷えた体をドカ飯で温めるべく標津方面へ

418.jpg

ちょい場末感の漂う店構え

417.jpg

名物エスカロップを喰らう

これは北海道版かつめしだな

これがまた店構えとは裏腹にかなりのうまさ、そして量、そして破格の値段設定
客で学生さんが多いそうで、うまく安く多くで出してるらしい(あざす)

なぜカツがのった飯がエスカロップというのかは、やんわりはぐらかされた

おそらく北海道の暗部に触れる秘密があるに違いない、いや多分ない



腹を満たしたあとは本日の宿へ

標津のCRAZY-MACH

もう日も沈みだしていたので、写真撮り忘れたが
ここライダーの住職さんがやってて、その住職さんがビューエルで鹿と激突したときの
ヘルメットをライダーへの戒めとして置いてありましたが、これがバラバラ

よく生きてたなレベル
鹿こええ・・・

で、この日は大阪から来た60歳のおじさんとそのお孫さん、その同級生の三人と同室
この方々チャリダーで北海道を回ってるらしいが、このお孫さんが小学5年生

この歳でこんな体験できるってのはいいねえ
いい経験になるよ

夜はおじさんから大阪経済界のディープな話を聞きました
なんともおもしろい話が聞けた

というかこのおじさん実はかなりすごい人なのでは・・・
それくらい裏話に精通してた


そんな感じで5日目終了です
とりあえず美幌峠から開陽台にかけて晴れただけで満足でしたわ


本日の走行距離401km

北海道ツーリング②

北海道ツーリングのつづき

1~2日目はこっち

3日目

051_20120806215445.jpg

7:30出発
この日から本格的にツーリングスタート
一路稚内を目指します

053_20120806215502.jpg

この日は曇っているものの、時折雲の切れ間から日差しが覗くワインディング日和

059_20120806215532.jpg

牧場の牛を眺めて北海道を実感

068_20120806215548.jpg

留萌を越えて第一の目的地オロロンラインへ

でた!この景色

真っ直ぐな道に風車がずっと続く道、これぞ北海道な道の一つ

空模様はイマイチだが、感慨深く眺めていると



会社から着信

「あ~UKさん?あの設備がトラぶってて云々かんぬん・・・」

「私は今世捨て人となっておりますので対応致しかねます」

地味に現実に引き戻されたよ


気を取り直し、リスタート

既にiphoneは電波OFFモード、何人たりとももう邪魔はさせない

074_20120806215605.jpg

小腹が空いたのでツーリングマップルで飯屋を探す

【ここのカツ丼が超肉厚】との記述が・・・
う~んカツ丼か~北海道ぽくないしな~






078_20120806215621.jpg

ごめん、カツ丼に目がないんです

080_20120806215636.jpg

だが刮目して欲しい
この肉厚さ、これは避けないでよかった

まだまだ北海道らしいグルメは至るところにあるしね



腹も満たされたところで、さらに北上する

しかし稚内に近づくにつれ、だんだんと気温が下がっていき涼しいどころか寒い

7月の北海道が本州の5月なんて言ったの誰だよ・・・三月末じゃねーか
思わず通りにある服屋でサーマルっぽいインナーを買う

ちょっと北海道の気温を甘く見すぎていたな



そして本日の目的地、稚内のとあるライダーハウスに到着

さて管理人さんはどこかなと、建物を一周するも気配なし

ん?

とりあえず電話

・・・繋がらない

やばい今日の寝床が・・・

急いでマップルで次の宿を探すと、ここから5km程戻ったところに1箇所ライハを発見
即電話してみると空いてるよ~とのこと

助かった

早速行ってみる

085_20120806215742.jpg

あった

084_20120806215725.jpg

こ、これは・・・

なんとも言い難い雰囲気漂うライハだが、もうあとには引けない
救いなのはもうすでにライダーがいて、一人じゃないってことだ

一人ならちょっと考えたな・・・

で、今日の利用者は4人
一人はなんとお隣加古川からお越しのCB400SFのOさん
自宅もめっちゃ近い

まさかこんなところで高砂談義ができるとはね

あと二人は群馬からのNさんとKさん

114_20120806220141.jpg

XJR1300とCB1100

話を聞いてみると結局4人とも前述のライハと連絡がつかず、こっちに流れてきた模様

ここで会ったのも何かの縁だし、と4人で近くの温泉へ

094_20120806215932.jpg

ん~なんとも税金の匂いのする温泉だこと

中は郷土資料館やラジオ局まで
093_20120806215917.jpg

091_20120806215846.jpg

市場も併設(もう閉店しとる)
087_20120806215813.jpg

で、ひとっプロ浴びたとこで晩飯

096_20120806215947.jpg

098_20120806220003.jpg

海鮮ラーメンやらホッケ

話を聞くとこの飯屋、宿も併設しててこの日はハーレーが2台泊まっていた
いいねここ、飯は美味いし宿は綺麗だし


なんせね、ワタクシらの宿はこんな感じなんでね

084_20120806215725.jpg

まあいい、これも話のネタでしょう

飯食ったあとはセイコーマートで買出し
夜宴の準備

108_20120806220018.jpg

宿に戻り、寝床を作る

110_20120806220034.jpg

で、みんなビール片手にツーリングマップルと0円マップ拡げて明日のルート談義

4人の中でNさんだけが北海道経験者
おすすめのスポットやルートを教えてもらう

いいねこれぞロンツーの醍醐味

酒飲みながら改めて部屋を眺めてみる

30年近く前からの旅人たちの写真が貼ってある

083_20120806215709.jpg

082_20120806215653.jpg

天井や壁にも旅人たちが思い思い書いたり貼ったり

111_20120806220050.jpg

キャンドルジュンの嫁も色褪せてる

なんというカオスっぷり
結局やっぱちょっと怖いんで大の男4人で固まって寝た

こうして3日目終了

本日の走行距離374km


4日目

今日は朝一からライハに泊まった4人で北海道最北端を目指す

122_20120808144122.jpg

7:30ライハ出発、宗谷岬へ

123_20120808144138.jpg

ついに来たな~朝一に来たのもあって人も少なくゆっくり記念撮影

127_20120808144224.jpg

125_20120808144154.jpg

集合写真

126_20120808144208.jpg

そういえばここではじめてキツネ見た
野良犬感覚で普通におるんだな~

あまりに唐突だったんでカメラ構える暇もなくどっかいっちゃった

で、ここまで一緒に走ってきたお三方とはここでお別れ

走ってりゃまた会えるでしょ~
ここからは稚内まで少し戻って、ある場所を目指す

143_20120808144325.jpg

はい到着【樺太食堂】

絶対来たかったんだよな~ここ

ここでうにだけうに丼を喰らうのが稚内でのライダーの定番
昨日は到着が夕方だったため、本日リベンジ

129_20120808144238.jpg

出たァ!これだっ!このうにの量!うにだけって謳っているのに何故か載っているいくら!

131_20120808144253.jpg

とりあえずうにの量が半端じゃない

一心不乱にかっ込む


うまし

ぶっちゃけうにってあんま好きな方じゃなかったけど、これは素直に美味いと思った

念願のうに丼を食べて、店のおっちゃんと話すと関西から毎年来るリピーターも居るそうな

134_20120808144309.jpg

で皆一言メッセージを書いていき、店にはそれらが貼ってありプチカオス
ワタクシも一筆したためておきました

そして店を後にして、今日は網走を目指します

146_20120808144343.jpg

もう一回宗谷岬回るのも何なんで、少し中に入り宗谷丘陵へ

155_20120808144413.jpg

ちょっと入っただけなのに一面に草原が広がる
海と山とがすぐそばに

149_20120808144357.jpg

広さを感じるわ

171_20120808144504.jpg

163_20120808144429.jpg

北海道ぽい牧場
あのワラマルメターノって正式名称なんだっけ?

宗谷丘陵の快速ワインディングロードを抜け、再び海側へ
左手にオホーツク海を望みつつ南下して行きます

するとどんどん雲が切れ始めて、青空が覗く

177_20120808144520.jpg

昼過ぎにはかなりいい天気に

180_20120808144535.jpg

海が青い!高まるぅ!

道中のコンビニでルート確認しながら休憩してると、バイクが二台入ってきた

191_20120808144725.jpg

声をかけてみると彼等は斜里まで行くというので、途中までご一緒させてもらう

188_20120808144639.jpg

長野からバルカンクラシックのSさんと

189_20120808144654.jpg

岩手からゼファーのSさん
ちなみにこっちのSさん、今回北海道に来るに当たり会社に休み申請したところ蹴られたそうで、

「そのまま会社辞めてきたった」

修羅だわ

で、三人での道中、道の駅で休憩中に地元のおっちゃんから良い温泉を教えてもらう
折角なので寄ってみることに

オホーツクラインにある日ノ出岬のホテルの温泉

187_20120808144624.jpg

綺麗でめっちゃ気持ちよかった
流石に一日下道で何百kmと走ってると肩や腰やらが固まってくるんでね

183_20120808144551.jpg

ホテルの目の前にも牛

185_20120808144608.jpg

温泉のあとはひたすら南下

1074_20120813195839.jpg

ギンッモッチイイイ~~~~~!!!

二人とは紋別までご一緒させてもらい、そこからは一人でワタクシの本日の目的地網走を目指す

192_20120808144741.jpg

サロマ湖を臨み、さらに南下

202_20120808144813.jpg

すると途中でR80に遭遇

即Uターンしてしばし談笑
205_20120808144846.jpg

聞けばもうメーター1周して13万キロ超え

でも機関は絶好調らしいこのハチマル

随所に旅バイクとしての創意工夫が施してあった


で、なんやかんやお話しているとなんとこのR80さん
直前までわたくしと一緒に走っていた二人と前日の宿が一緒だったらしく
今日の目的地も一緒とのこと

なんともこの広い北海道で狭さを感じた
まあ時計回りに1周しいてれば自ずとルート似てくるけどね

一通りハードでディープなBMW談義を終えてお別れ
ありがとうございました



さらに日の傾き始めた道東とひたすら走る
休憩もなしにひたすら網走を目指した理由は、ここで夕日を見たかったから

214_20120808144902.jpg

網走湖

残念ながら夕日は見えなかったけど、夕焼けがめっちゃ綺麗
ここは湖畔が無料のキャンプ場になっていて、本日の宿はここと決めていた

黄昏ながら北海道に思いを馳せつつ、考えていたことは


キャンプめんどくせぇ

夕日目当てに来たもんで、到着してすぐ辺りは暗くなり始めていまして
こっからテント設営して~飯準備して~となると完全に日没決定だし・・・

もうこの時点で気分はライハかネカフェへ(北海道の宿でネカフェの選択肢がある時点で・・・

iphoneで検索すると、明日目指す予定だった北見にネカフェがあるのを発見

20080102_meiserifu2.jpg

んでもうかなり日が傾いた道のりを北見に向けて疾走

だが、ここでこれが功を奏す

225_20120808144917.jpg

雲が切れて、完璧な夕日が
なんか感動したよ

そして完全に日没した後、北見の自遊空間へ
ここでツバサ・クロニクルの続きを見て寝た

明日からは道東を喰らい尽くす

走行距離469km

北海道ツーリング①

こんばんは、NOCSレポも中途半端な状況ですが、完全燃焼してきました。UKです。

7/27から昨日8/5までの日程で初の北海道ツーリング行ってきました

1ヶ月程前から職場で根回しして、有給と指定休で10日確保
でも無理が祟って前半はなかなかのハードスケジュール
後半は後半でNOCSやらで忙しく、全く予定立てれないまま出発の朝(夜勤明け)を迎える

002_20120806222634.jpg

パッキングも雑いがフェリーまで時間がない
もうこれで行く

フェリーは舞鶴から小樽への便で0:30に舞鶴発
時間がないのはここへ行きたかったから

舞鶴出身者おすすめのラーメン屋【一丁】

とんこくラーメン
004_20120806222943.jpg

うむ、地元民一押しだけあって超うまい
天一ばりの濃厚こってりスープ

これは再度訪れたい

と全く北海道と関係ないグルメからはじまります

008_20120806215014.jpg

で、フェリーターミナル着

010_20120806215029.jpg

ターミナルで一服しながら、同じ便に乗る家族旅行の80歳の爺様と仕事引退して北海道で
隠居する64歳のおっちゃんと船を眺める

でけぇ・・・

流石にタコフェリーとは規模が違うな

ちなみにわたくし船酔いするタチでして・・・

007_20120806214958.jpg

一応出航前に服用してみる(これで酔ったら20時間地獄だぜ・・・)

もし酔ったら、こんなんで・・・
2009-08-01.jpg

果てにはこんなだぜ・・・
20101013_1093497.jpg

と、少し緊張気味にバイク乗船待ちの列へ

011_20120806215044.jpg

この時点で30台ちょいくらい?
予想より少なめですが、盆前ならこんなもんなんだろう

で、乗船開始

初めての長距離フェリーで右も左も分からぬまま、皆荷物を降ろすのでそれに倣う
(もう絶対同じように積めねぇよ・・・)

汗だくになりながら乗船完了し、船内へ

024_20120806215216.jpg

おお、MGS2のステージっぽい

023_20120806215200.jpg

いきなりの俺の部屋っぷり
ツーリストで角部屋なんで、横に誰もいなくて良い箇所だ

015_20120806215059.jpg

荷物も降ろし終えて、早速まったりモードでサッポロクラシック
いい感じに酔いも回って、この日は速攻で寝た

走行距離188km

018_20120806215129.jpg

おはようジャパン

懸念していた船酔いも思ったほど辛くはなく良い朝を迎える

016_20120806215114.jpg

本日のメインイベント、小樽発舞鶴行のフェリーとのすれ違い

特に思うところは無いが写真だけは撮っておく

あとビンゴ大会とかあったらしいが興味ないので飯食って眠る
(まだ初日のルートさえ決めてないのに)

船内メシは高ぇなしかし

021_20120806215144.jpg

寝てたらせっかくの夕日見逃した

で、2日目21:00小樽着

やっぱりパッキングに手間取り、バタバタと下船
もちろん21時回ってるので真っ暗

だが今日の宿はこの時点でまだ決まっていない(キリッ)


さすが夏休み中の土曜
小樽も札幌もホテル全滅だったわ・・・

初日から野宿は避けたいので、とりあえず札幌へ
小樽周辺は最後に回ることにする

031_20120806215231.jpg

宿はもうこの時点でネカフェでいいかと思い始めていたので、特に探さない
なんとも雰囲気のない北海道初日である

札幌をぶらついているとなにやら通りにイカした車列が

038_20120806215319.jpg

おお!大好物なトラッキン!スーサイドドアのハイラックスなんて生で初めて見た

039_20120806215335.jpg

痛車やマッスル系まで
なんかイベントがあったんだろうね

040_20120806215352.jpg

041_20120806215413.jpg

いい日に札幌へ来たな!だが全く北海道っぽくないな!

ぶらついたあとは案の定ネカフェに入り、翌日の大まかなルートだけ決めてツバサ・クロニクル読んで寝た
こんな感じで2日目も終了してしまった・・・

走行距離20km

つづく

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。